サブログ。

サツログ。の中の人のサバゲと酒の趣味に偏ったサブブログなので、サブログ。

撮影ベースでお願いしていた「指トリガー問題」と銃を使った撮影についての見解やぼくの思いです。

アメブロ時代に撮影の際のお願いをブログ削除にあたり、

すべての掲載も落としています。

 

それでもやっぱりおめえ誰だよな人でも個人見解でも書くべきと思いました、

f:id:kanzakisatuki:20181108233416j:plain

カンザキサツキおじさんです。

※個人見解です。悪しからずご了承ください。

 

かなり昔の話から引っ張りますが、ミリタリー雑誌に出演していたころから

特に撮影時に気を付けないといけなかったし、言われてましたし、

初めて銃を持つ子には徹底していました、

「指トリガーしない」

「ゴーグルチェック」

もちろん残弾処理とかマガジンアウトもね・・・。

 

もちろんサバイバルゲームをしている以上、

トリガーに指をかけていいのはあたりまえのように

フィールド内で全員ゴーグル装着確認済みの場合のゲーム中のみ。

 

しかし撮影会に出演するようになり

趣味:サバゲ

と書くやいなや、すごくみなさま愛銃もってきてくださって、

イロイロとその場で話をしている中で思うこともたくさんありました。

 

臨場感がないから指かけて撃ってるようなのがほしい。

これが一番言われたことです。

もちろん雑誌時代も、ゲーム風景のフィードバック(実際ゲームをした後カメラマンが撮りきれなかったいい場面再現写真を撮るなど)はトリガーに指をかけることもありましたが、ゴーグル、弾が出ない状況にきちんとなっているかの確認はマストでした。

 

これに基づいて、特に撮影会でお願いしていたことは、

・安全であることの確認をさせていただく

(弾が入っていない、バッテリーなどが入っていない、安全装置がかかっている)

・屋内のスタジオでなおかつスタジオや場所を共有している全員に許可が取れている場合に限る

・銃にダメージがいくようなことはしない

この3点です。

あとはペロリと銃口なめてとかそいうのは完全にお断りしていましたが・・・

 

コスプレイベントでも「武器NG」「銃NG」「職業コスプレNG」など

しっかりルールが設けられています。

設けられていなくても屋外や、一般の方がいらっしゃる場所は気を付けないと

いけないと思っています。

 

私自身が、SNS掲載画像を見ても武装系の撮影依頼が多いことはわかっていただけると思います。

ほぼトリガーに指をかけていないのはクセなので撮影上申し訳ないなと反省する日もありますが、

「さつきちゃんの思うようにしてくれていいよ」と優しい言葉をいただきます。

本当にありがたいです。

 

 

定期的に指トリガー問題が出ますが、併せて言いたいことがあります。

というより、こちらのほうがみんなに触れてほしい問題です!

公園や町中で銃や模造刀もって撮影してる問題。

 

銃や武器っぽいものを持った人が

公園や町中にいたらどうします?

 

ファインダー越しの私の世界とか、ちがうそうじゃない

まず、公園にさ、銃や武器持った人がいる問題だよ!

 

一般市民に向けた公園、

ポートレート撮影やロケ撮影というもので、

銃火器、武器をもって撮影されてる写真を結構見かけます。

それがエアソフトガンでもモデルガンでも模造等だっとしても・・・。

一般論的にダメだと思います、私はダメだと思います。

(行っている側で思わない人もいると思うので、思うにとどめておきますがダメです)

 通報します。怖いもん。

 

そしてそれをなぜか常識的にも情熱的にも知らない人や、

おかしいと思わない人もいると思います。

(実際指摘おじさんしてキレられたこともあります)

 

このご時世、安易にそろってしまいます。

それがどういう危ない玩具であるかご存じでない層は一定数いると思います。

 

だからこそ、サバイバルゲームをしている、銃を趣味にしている

我々は知っていて当たり前だからどうしても、

当たり前ベースで話をしてしまうかもしれません。

 

特に経験上特に女の子は無縁の子が多い訳です。

その作品が、そのカメラマンが、その案件が

「銃や武器の小道具」をもっていたほうが見栄えがいいもので

「小道具」に過ぎない可能性は非常に高いです。

映えって言葉でまとめられたときはストックで殴ってやりたかったよ 

まず指摘ではなく、

きちんと道筋を立てて、お話をすれば、それがきっといい経験になれば、

プラスの作用につながることと思います。

 

 

「コスプレイベントやスタジオはいいんじゃない?」

の思いは、

・会場に一般がいない(コスプレイベントとして区切られている)、

・銃を模したものなどの持ち込みが禁止されていない

・発射できないようになっている(装填されていない、ガスやバッテリーが入っていない)

なら、私は会場がOK、スタッフさんがOKなら良いと思います。

 

もちろん、撃てる状態、安全でない状態であるならそれは絶対ダメです。

 

絶対的にサバイバルゲームフィールドのルールを押し付ける、

というのはお門違いだと思いますが、ネット社会で、こういうご時世です。

匿名性があったりするからいくらでもイロがついて広がります。

 

私個人ブレることなく、いつも変わらず

「これ撃てない状態か確認していいですか?」

「銃口今から向けますがちょっと逸らしてるのでいけるなら正面どうぞ」

という変なことをする人を貫いています。

 

同じマニアックでオタクな趣味ですから、きっと仲良く歩いていけるって

カンザキ信じてる。

 

確かに武器を持った女の子はカワイイ。カワイイは正義かもしれない。

でもその根底にクールな前提が加わればもっと無敵だと思うので、

是非エアソフトプレイヤー、サバイバルゲーマーのみなさま、

もし、そういう場面に出くわした際は、

優しく先生をしていただけたら、と思います。

 

今回わざと法律とか条令について敢えて触れてはいません。

言わずとも銃や刀を模したものでも凶器であるという世間一般の常識の元で

済むお話でいたい気持ちを込めております。 

 

あ、日常書いてるブログはコチラです。

www.satukiblog.com

よろしければぼっち人生、社畜生き抜いています。暇つぶしに読んでやってもらえたら非常にうれしいです。

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、まとめサイトへの引用を厳禁いたします。 Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.